不倫の慰謝料の相場

不倫の慰謝料はいくら請求できるのか。不倫の慰謝料の相場

不倫の慰謝料を幾ら請求したらよいのか、どれくらいが「相場」なのかを説明しています。

ケース毎に対応は大きくかわります。また、ここに書けないこともあります。そこで、当事務所では、 無料電話相談を実施しています。お気軽にご利用下さい。 土、日、祝日も対応。朝から夜遅くまでやっています。無料電話相談は、1万5千件以上 当事務所は、無料相談でも、ご依頼後でも「ご相談」を重視し、徹底してます。実績、経験豊富な当事務所にお任せ下さい。 あなたに代わって、難しく、面倒な内容証明、回答書、反論書、示談書などを作成しています。2003年から専門的にやっています。 「色々、相談しましたが、はじめて、よく分かりました。」とのお声をたくさん頂いています。

 

不倫(不貞)の慰謝料はいくら請求できるのか

精神的な慰謝料は理論的には、ご本人が適当と思われる金額としか言いようがありません。つまり、幾ら請求しようと法律上は、問題ないので構わないということです。※ただし、過剰な要求をしても無意味です。

慰謝料の金額は、不倫(不貞)の内容、期間など詳しいことが判らなければ判断できません。しかし、裁判の判例がありますので、大体の目安は存在します。ただし、実際に裁判にかけられて判決が出るのは、慰謝料請求の中では、一部に過ぎません。

たいていは、裁判に行く前に「示談」で済まされているのが実情です。これらは、統計上全く出てこない数字ですので、「相場」は誰もわかりません。示談の場合は、やり方しだいで金額が変わってきます。つまり、法律の問題だけではなく、「交渉術」の問題が出てきます。

裁判上の一般相場は、離婚の場合、50万円から300万円程度が多いようですが、裁判は個々の実情に応じて判決が出るので、この金額が目安になるものかどうかも疑問があります。 ただしもっと多い(1000万円など)の例もあります。

不倫の第三者(つまり不貞をした配偶者の相手側)への慰謝料は離婚しない場合で、数十万円から200万円程度が多く見られます。離婚する場合は、200万円から300万円が多いようです。これも、もっと多い金額の判例もあります。

※「判例」は、あくまで、ある事件についての司法判断です。全く同じ事件というのは、ありそうでありません。期間が長い場合、離婚する場合、悪質な場合、積極的な場合、妊娠した場合には、増額の傾向があります。つまり、個別のケース毎に判断されます。1回の不貞行為と、数年の不貞行為は、当然に違います。従って、「妥当な慰謝料」というのは、簡単な話ではありません。

幾らぐらいが適当であるのかは、過去の判例を調べたり、請求者が何をやったか、どのくらいの支払能力があるのか、その他の事情を総合的に考えることが必要です。

示談の場合、はじめの要求額は、交渉を左右することになりますので、重要です。

なお、よくある質問に、「相手の収入、資力と要求額」の関係がありますが、もともと損害賠償と相手の収入資力は、無関係です。しかし、収入のない者、資力のない者から多額の慰謝料を取るのは、実際には難しいので、要求額や支払条件を調整するほかありません。

不倫の慰謝料請求は、離婚の際に配偶者にするものと、不倫の相手にするものと2種類あります。 離婚の際に配偶者にする場合は離婚の慰謝料のページを見てください。

いずれにしても重要なのは「幾ら請求できるか」ではなく、「幾ら貰えるか」です。

不倫の慰謝料請求は、はじめが肝心です。

内容証明、念書、示談書は当事務所にお任せ下さい。

当事務所では、無料電話相談を実施しています。土、日、祝日も対応。朝から夜遅くまでやっています。

無料電話相談

請求する方は、「不倫の慰謝料の正しい方法」を見て下さい。

請求された方は、「不倫の慰謝料を請求されたら」を見て下さい。


不倫の慰謝料を請求したいが、どうすればよいのでしょうか。
慰謝料請求の金額相場がよくわかりません。
内容証明で請求しようと思うが、どう書いてよいのか困っています。
インターネットの書式、フォーマット、文例では不安です。
裁判は、できれば避けたい。
離婚問題にもなっているので、どのようにやればよいかわかりません。
離婚する気はありませんが相手に責任を取って貰いたい。
ダブル不倫で解決方法がわからない。
配偶者が家を出て、不倫相手と一緒にいるのですが。
あちこちで相談したがよくわからない。

しかし、ご安心下さい。

内容証明、示談書は、ケースごとに内容が違ってきます。 「書式」「雛形」「フォーマット」では、通用しなかったり、効果がなかったり、不利になってしまうことがあります。

不倫の慰謝料請求を専門にしている行政書士古川豊事務所にお任せください。

当事務所の不倫の慰謝料請求サポートの特徴

  • 行政書士古川豊本人が責任をもって対応します。
  • 料金は適正で、明瞭なことをお約束しています。
  • ご説明、ご相談は、丁寧、親切に対応しています。

※当事務所は行政書士事務所です。行政書士法の範囲内になります。

行政書士法及び他の法律に抵触する場合は、受任できません。
詳しくは、ご説明します。

無料電話相談

※行政書士は、行政書士法により、守秘義務が法定されていますので、個人の秘密は厳守しております。

民亊料金

不倫の慰謝料請求する方のサポート
こちらからどうぞ

不倫の慰謝料を請求された方のサポート
こちらからどうぞ

スマホのsafariから電話ボタンを3回タップすると「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています」と表示されますが、 「通話を許可」を押していただければ、発信ボタンが表示されますので、そのまま電話をおかけください。

↑ PAGE TOP

 無料電話相談8時~24時