不倫の慰謝料の基礎知識

不倫の慰謝料の基礎知識

不倫(不貞)に関係する民法の条文や判例を掲載しています。

ケース毎に対応は大きくかわります。また、ここに書けないこともあります。そこで、当事務所では、 無料電話相談を実施しています。お気軽にご利用下さい。 土、日、祝日も対応。朝から夜遅くまでやっています。無料電話相談は、1万5千件以上 当事務所は、無料相談でも、ご依頼後でも「ご相談」を重視し、徹底してます。実績、経験豊富な当事務所にお任せ下さい。 あなたに代わって、難しく、面倒な内容証明、回答書、反論書、示談書などを作成しています。2003年から専門的にやっています。 「色々、相談しましたが、はじめて、よく分かりました。」とのお声をたくさん頂いています。

 

不倫(不貞)の慰謝料に関連する条文、判例

関連条文

民法第709条 (不法行為による損害賠償)
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

民法第710条 (財産以外の損害の賠償)
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

民法第719条(共同不法行為者の責任)
数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とする。

民法第724条 (不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)
不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

第159条(夫婦間の権利の時効の停止)
夫婦の一方が他の一方に対して有する権利については、婚姻の解消の時から六箇月を経過するまでの間は、時効は、完成しない。

関連判例

昭和54年3月30日 最高裁(昭和51年(オ)328号
夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持つた第三者は、故意又は過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によつて生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被つた精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである。

平成8年3月26日 最高裁(平成5年(オ)261号
甲の配偶者乙と第三者丙が肉体関係を持った場合において、甲と乙との婚姻関係がその当時既に破綻していたときは、特段の事情のない限り、丙は、甲に対して不法行為責任を負わないものと解するのが相当である。

平成4年12月10日 東京地判(平成4年(ワ)2850号)
婚姻関係の平穏は第一次的には配偶者相互間の守操義務、協力義務によって維持されるべきものであり、不貞あるいは婚姻破綻についての主たる責任は不貞を働いた配偶者にあるというべきであって、不貞の相手方において自己の優越的地位や不貞配偶者の弱点を利用するなど悪質な手段を用いて不貞配偶者の意思決定を拘束したような特別の事情が存在する場合を除き、不貞の相手方の責任は副次的である。

当事務所の不倫の慰謝料請求サポート(請求された場合も含む)の特徴

全国対応しています。

当事務所の不倫の慰謝料請求サポートの特徴

  • 行政書士古川豊本人が責任をもって対応します。
  • 料金は適正で、明瞭なことをお約束しています。
  • ご説明、ご相談は、丁寧、親切に対応しています。

※当事務所は行政書士事務所です。行政書士法の範囲内になります。行政書士法及び他の法律に抵触する場合は、受任できません。詳しくは、ご説明します。

※行政書士は、行政書士法により、守秘義務が法定されていますので、個人の秘密は厳守しております。

当事務所は、先ずお客様(依頼者)と事前にご相談し、ご納得の上で依頼していただくために「無料電話相談」を実施しています。自分ひとりで解決できそうに無い場合は、専門家にご依頼下さい。ひとりで、孤立し、誤った判断をしてはいけません。不倫の慰謝料請求は、経験、実績豊富な当事務所にご相談して下さい。

行政書士古川豊事務所
京都府行政書士会会員
601-1123
京都市左京区静市市原町1242-25

不倫の慰謝料請求する方のサポート
こちらからどうぞ

不倫の慰謝料を請求された方のサポート
こちらからどうぞ

スマホのsafariから電話ボタンを3回タップすると「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています」と表示されますが、 「通話を許可」を押していただければ、発信ボタンが表示されますので、そのまま電話をおかけください。

↑ PAGE TOP

 無料電話相談8時~24時